トロフィーとは、主にスポーツの大会において優勝や入賞などの成績を記念して授与されるカップや盾のことです。様々なコンテストや社内表彰等、競う大会において使用されています。優勝者が決定する大会の最後に登場するため、見た目が重要になっており、世界的に注目度の高い大会では、とても高価な物が多くなっています。記念品として授与されるため、授与する側も使用場面に合わせたカップを選ぶことが重要になってきます。社会的な影響力がある大会等ではそれ相応のふさわしいものを選びましょう。大会がどれだけ盛り上がり、内容のあるものであるかは、最後に行われる表彰式での授与も含まれていますので、重要です。

使用場面を意識して、種類を選ぶ

周囲の目を気にし過ぎて、何でもかんでも高価にしてしまっていては、金銭面で問題が出てきます。使用場面に合わせたトロフィー選びが重要となってきます。例えば、社内表彰や学校の行事などで入賞者にも授与するため、数が多くなる場合は、盾状の物が効果的です。盾状のものは、リーズナブルなものが多く、木製ではなくプラスチック製の場合はさらに安く抑えられます。プラスチック製の物も、技術の進歩により高品質になってきているため、周囲の心証も悪くありません。ガラスにレーザー加工されたものは、安くはありませんが、きれいな仕上がりになります。職人が一つ一つガラスにレーザー加工する分、人件費が掛かってしまいます。ただ、仕上がりは素晴らしいものですので、ビジネスシーンや競技会で重宝されています。

オリジナルなものを有効活用するには

定番なものもいいですが、オリジナルなものもデザインによっては喜ばれます。一見、トロフィーと認識できないデザインでも、その大会内容や開催地に因んだデザインであった場合は、心証は悪くありません。特に、毎年行われる大会において効果的で、名物にしてしまえばとても好意的に受け取られます。最近では、個人でもオリジナルなものを作成される方も増えてきており、世界に一つだけしかない記念品として喜ばれています。特に、会社内の賞や仲間内でのサプライズなどに利用されており、とても印象的なプレゼントとなることは間違いありません。上記の様に、特別なものに変わりないものですので、場面に合わせたものを理解することで、授与する側も授与される側も心に残る時間を共有できると思います。